家のこと、30代の終活

賃貸ベランダ菜園化【家庭菜園ノート】自作

植え付け計画や追肥の時期などを忘れないように

プランターを計画的に利用して、無駄なくスペースを使いたい

翌年の計画を立てるときの参考にするため

家庭菜園ノートを作る

f:id:youka0321:20211109124817j:plain

家庭菜園ノート項目

年間計画

1年を通しての計画をパッと見て分かるようにする

(後で追加する可能性もあるので)野菜の項目は多めにしておいた方がいい

*下の表は秋冬から始めたので、春夏野菜を記載してない

f:id:youka0321:20211112111707j:plain

プランター植え付け位置図

プランターの大きさや形を図で表し、図の中に植え付け予定の野菜名を書く

ベランダ菜園ではスペースが限られがちで、プランターの数にも制限がある

普通型、深型、丸型など、野菜ごとにプランターの向き不向きがある

深型は根を深く張るものや根菜系に取っておくなど、計画的に使う

野菜の種類が大きく変わる「春・夏」「秋・冬」に分けておくと記入しやすい

f:id:youka0321:20211112110328j:plain

月別の作業記録

カレンダーのように表にする

チェックするだけなど記載方法を簡単にして、ノートへの記録を続けやすくする

f:id:youka0321:20211112111654j:plain

 

家庭菜園ノート道具

  • A5ノート

f:id:youka0321:20211112105933j:plain

数冊セットで110円

コンパクトサイズで邪魔にならない

  • パソコン(手書きなら不要)
  • プリンター、用紙(コンビニプリントでも)
  • ペン、定規、のりなど
  • ノートを吊るしておく用の紐など

 

家庭菜園ノート自作方法(アナログ的な)

①パソコン(エクセルやワード)で表を作る
  • 忘れずチェックしたい作業項目は、表に入れておくと日々の記録がしやすい

例)

種まき〇 間引き☑ 追肥+ 発芽☆ 収穫◎ 片付け☒ など

  • 季節ごとの作物数を多めに予想し、表に入れる品目数を設定

例)

秋冬は9品目 夏は11品目

→月別の記録ページは12~15品目、年間計画は20~25品目で設定

②表を印刷し、ノートに貼る
③育てる野菜名などを書き込む
④ノートにひもなどをつけて書き込みやすい位置に置く

窓際など、ベランダでの作業後に目に入りやすい場所にかけておく

⑤作業実績があった日は書き込む

種まきや間引きした日にチェックを入れるなど

 

***

 

家庭菜園ノートを活用した、ベランダ菜園化の経過